ビールらゔぁー

クラフトビールにはまった人が日々おすすめを綴るかんじです。バーで飲むと「うまい!」以外の全ての感想を忘れるので宅飲みレビュー中心です。クラフトビール以外も全然飲みます

樽生の馨和が飲める豚組 しゃぶ庵で豚祭りをする

豚組 しゃぶ庵のレビュー

beer-lover.hatenablog.com

記念すべき一記事目のクラフトビール、馨和ですが、タップを置いているお店は非常に限られています。豚組 しゃぶ庵はその数少ない店舗です。
他ですと、新宿のTHE GRIFFONなんかはたまに日本クラフトビール株式会社のタップが設置されています。グリフォンもまた気が向いたら紹介したいですね。

豚組 しゃぶ庵は六本木、乃木坂駅が最寄りのお店です。
ブランド豚のしゃぶしゃぶが食べ放題のお店で、出る頃にはお腹が破裂寸前になることは間違いありません。豚カツのほうの豚組と違ってアクセスが良いのも嬉しいです。

tabelog.com

どちらの豚組も馨和の赤白ビールが置いてありますが、しゃぶ庵のほうはそれに比べて樽が設置されています。
うまい豚に舌鼓を打ちつつ、リッチなクラフトビールを楽しめるというわけですね。

香りが楽しめるよう、ワイングラスで提供されるのも嬉しいです。
(当然ですが)味の方向性は同じです。しかしアロマの広がりがまったく違う。是非飲みに行って欲しいですね。入店したときにいくつかのおつまみと白を頼み、その後しゃぶしゃぶしながら赤を飲むのが良いでしょう。

食事についてのレビュー

どのくらいお酒を飲むかによりますけど、予算は8000円を見ておけばいいんじゃないかとおもいます。飲まない人はしゃぶしゃぶのコースだけでお腹いっぱいになるはずなのでかなり安くなります。
並んでいるお鍋がル・クルーゼなのがビジュアルにも可愛くてグッドです。

選べる銘柄のグレードによって違う値段のコースがありますが、基本的には食べ放題しかないっぽいです。
そして店員さんは特に言及しなかったので、時間制限などという野暮なシステムは存在しないもよう。素晴らしい。

美しい薔薇色の豚をひたすらしゃぶしゃぶします。野菜も美味しいです。
そしておすすめは馬刺しと霜降り馬しゃぶ。この二つを頼むと一気に予算が跳ね上がりますが、頼みましょう。

店員さんの接客も気さくて心地よいです。
そして肉を食べまくり満腹になったところで「〆はお頼みになりますか?」というサジェストが入ります。
死ぬほど肉を食った貴方は、おもわず断りたくなるでしょうがそれは間違いです。

シメはしゃぶしゃぶしまくったダシを使った豚骨ラーメンです。これはずるいです。パンパンだったはずの胃袋が、一口食った瞬間にちょっとスペースを空けたくらいに美味しい。

満足感に包まれて退店。

念のため予約はしておいたほうがいいですが、だいたいいつ行っても余裕がある感じなのもよいです。
単純な「コスパ*1」でいえば豚カツの豚組のほうが良いですけども、タクシーが前提になってしまうあちらと比べると駅からのアクセスや樽生の馨和の存在は捨てがたい魅力を持ってますね。

ちなみに肉に集中しすぎたせいで、最初の一杯の馨和以降、料理やお酒の写真を撮る暇がありませんでした……


その他、瓶や樽生の常設展については公式にリストがありますので参考にどうぞ。

KAGUA・Far Yeastが飲めるお店 « Nippon Craft Beer / 日本クラフトビール


*1:あんまりこの言葉の使われ方って好きじゃないんですけど