ビールらゔぁー

クラフトビールにはまった人が日々おすすめを綴るかんじです。バーで飲むと「うまい!」以外の全ての感想を忘れるので宅飲みレビュー中心です。クラフトビール以外も全然飲みます

「水曜日の猫」を休日に飲む

オシャレなパッケージが目につくので、スーパーで目にしたことを覚えている人も多いかもしれない。

しかし、よなよなエールはそろそろ大手ビール会社と呼んでもいいのかもしれないくらいにどこででも見る。キリンの資本も入ったみたいだし。喜ばしいことである。

フルーティな香り。細かい泡による柔らかな口あたりが最初にくる。リンゴに似たアロマ、小麦のまろやかな甘み、爽やかな甘酸っぱいフレーバー、後味に残る酵母の香りが特徴。
泡の口あたり、そしてなによりもそのホワイトエール独特のアロマを楽しむためにも、グラスに注いでから楽しみたい。

なお、ヤッホーブルイーング直営である「よなよなビアキッチン(赤坂と神田にある)」ではこの水曜日の猫を含めたビールを樽生で飲むことができる。料理も美味しいので是非一度いってもらいたい!

初心者向けのホワイトエール

ホワイトエールは一般に炭酸が弱く、下にピリピリくる感じもしないので一般大手のビールが苦手な女性にもおすすめ。

ホワイトエールはピルスナーとはまた違った独特の香りがあり、そこにさらにコリアンダーやオレンジピールなどのスパイスを加えているのでそれが苦手な人もいるかもしれない。しかしこの「水曜日の猫」は控えめなバランスに調整してるので、万人に受け入れやすいはず。
「ビールはあんまり……でも最近のクラフトビールブームはちょっと気なるかも」という人は、まずはお安く手に入るこいつを、試しに家で飲んでみるのもいいかもしれない。

よなよなエールのビールは、きちんとしたエールタイプでありながらも、ピルスナーに慣れた日本人の味覚にも受け入れやすい調整がされているように感じる。
ビール好き以外には受け入れがたい値段設定*1のビアパブに行って、いきなり今までの「常識」と異なる様々なクラフトビールを飲んで失敗するよりは、スーパーでお手軽に買えるここのビールから入門していくのはありだとおもわれる。
ここのビールが気に入ったら、上述した「よなよなビアキッチン」に足を運ぶのが良いだろう。自社直営だけあって、状態の良い樽が安い値段で置いてある。

ベルジャンスタイルのビールが気に入ったのならば、次は日本でも手に入りやすい「ヒューガルデンホワイト」「馨和 Blanc」あたりを攻めてみるのもいいかもしれない。

beer-lover.hatenablog.com

beer-lover.hatenablog.com

水曜日のネコ 350ml 24缶 1ケース

水曜日のネコ 350ml 24缶 1ケース

*1:好きなら、お値段以上なんですけどね