ビールらゔぁー

クラフトビールにはまった人が日々おすすめを綴るかんじです。バーで飲むと「うまい!」以外の全ての感想を忘れるので宅飲みレビュー中心です。クラフトビール以外も全然飲みます

アフリゲム ブロンド

アフリゲムの起源は、1074年に元騎士の修道士が建設した修道院にはじまるだとかなんとか。現在も造られているトラピスト、その他修道院のビールの中で最も古いビールだとか。

さて味わってみる。
注いだ瞬間から香りが立つタイプのビールではない。嗅ぐと酵母っぽい香り。

麦芽の香ばしさと甘い口当たり、後味に仄かにトロピカルな花のニュアンス。ベルギービールらしいビール。
宣伝にはナッツのまろやかさと書いてあったが、僕には見つけられなかった。

甘いだけではなく、高めのアルコール度数による切れ味と、後味のほどよい苦味がくっきりとした輪郭を作っている。

瓶内二次発酵させたビールで、底に酵母が沈殿しているため「BODY & SOUL」などといった飲み方をしても楽しめる。 上と下でかなり味わいが違うので、ゆっくり飲んで、味の変化を楽しむのをおすすめする。 ボディのクリアな味わいと、ソウルの濃密さ、一本で二度楽しめるビール。間違ってもジョッキに注いでガブガブ飲んだりはしないように(しないだろうけど)

この「ボディ&ソウル」の飲み方をするための、公式のビールグラスも存在しているらしい。大小二つのグラスがあり、それぞれにボディとソウルを注いで楽しむことができる。
日本だと、キリンの公式通販である「キリン オンラインショップDRINX(ドリンクス)」が限定販売していたこともあるようだが……。
このグラスを手に入れれば、ヘーフェヴァイツェンなんかでも同じような楽しみ方ができるのだろうか?

一本で450円前後と、少々値段は張るが、一度は試してみても良いかもしれない。美味しかったが、常飲したいほどではなかったかな……